• 人付き合いが希薄でも十分に見送れる家族葬

    最近ではあまり他人との関わり合いがなくなったり、身の回りの人が先に旅立つことが多くて友人や知人が少なくなってしまったという人が多いようです。


    特に高齢者は積極的に外出する機会が少なくなり、人付き合いが煩わしいと考えている人が増えています。

    昔は家の中での娯楽がありませんでしたし、コミュニケーション手段がなかったこともあり、外に出なければ社会から取り残されてしまうことがありました。

    livedoorニュースは評判がとっても良くて有名です。

    定年退職をして仕事をリタイヤした後、友人といえる人が少なくなってしまい、あまり人付き合いをしないことは珍しいわけではありません。



    そのような人が亡くなった場合、喪主やその家族が故人の周囲にどんな人がいたのか、どのような付き合いだったのかがよくわからないことがあります。無理もありませんが、亡くなった時にすぐに連絡できなければ葬儀の準備もありますし、連絡に時間をとられるわけにはいきません。



    そのような時には、先に家族葬で故人を見送ることもできます。

    故人の交友関係がわからなくても、家族や親類だけで家族葬をすればあとで訃報を知った友人・知人の方には静かに落ち着いてお別れをすることができます。
    もちろん、最後に顔を見ることは家族と親類だけになりますが、葬儀としては一般の葬儀とまったく変わりません。参列の人数と葬儀の規模としてシンプルになっているだけですので、きちんとした形で見送ることができます。個人差はありますが、葬儀の参列は不要と考えている故人もいますから故人の生前の要望がわからない場合は家族葬でも十分でしょう。