• 最近増えている家族葬というスタイル

    家族葬は近年増えてきた葬儀のスタイルです。

    どのような葬儀のことを家族葬とするか明確な定義はありません。

    近いものとしては密葬がありますが、密葬の場合は葬儀後に本葬が行われます。

    密葬では遺族や親族などごく近い間柄のみが出席しますが、その後の本葬は大規模で執り行います。


    一方家族葬は本葬を行いません。



    親族や近しい知人などで葬儀を小規模に行います。



    そのようなスタイルが増えてきている背景は、高齢化があると言われています。高齢者が亡くなった場合、知人や友人など親交があった人も同じく高齢であるケースが多く、すでに亡くなっていたり体調の問題などで参列することが難しいこともあります。また、故人が定年退職をして数十年経過していることもあり、自然と参列者が少なくなっているため、小規模の葬儀が増えていると言われいます。

    家族葬を執り行うメリットは、葬儀費用が少なく済むという点です。

    しかし、参列者が少ないためその分お香典も減ります。


    お香典を費用に充当することが難しくなりますので注意が必要です。また、故人と親交があった方へは近親者だけで執り行う旨をしっかり伝えておかないと、トラブルになる可能性もあります。


    あらかじめどの範囲まで訃報を出すか決めておく必要があります。家族が亡くなった場合には、やらなくてはならないことや決めることが多くとても忙しくなります。あらかじめ決めておくことで、いざというときに慌てずにすみます。

    毎日新聞を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

  • 社会のコツ

    • 昨今は葬儀の形態も変わってきて、家族葬を取り入れる家庭が目立ってきました。故人が生前に家族葬を希望している人の場合は、体面や付き合いでなく、純粋に自分のことを考えてくれている家族だけで送ってほしい思いが、とりわけ強いようです。...

  • 情報分析

    • 最近ではあまり他人との関わり合いがなくなったり、身の回りの人が先に旅立つことが多くて友人や知人が少なくなってしまったという人が多いようです。特に高齢者は積極的に外出する機会が少なくなり、人付き合いが煩わしいと考えている人が増えています。...

  • おすすめ情報

    • 近頃の葬儀で多いのが家族葬です。少子高齢化や核家族化した社会で、葬儀の形やマナーがかわり、遺族に対して失礼にならないような配慮が大切です。...

  • 社会の特徴

    • 家族葬は近年、都市部を中心に増加している葬儀の形式です。その名の通り故人の同居家族や近親者のみで行われる葬儀のことで、形式ばった儀式や宗教上のルールに縛られず、身近な者同士で故人とのお別れをすることができることが、現代人の価値観にマッチしたのではないでしょうか。...