• 近年高まっている家族葬の需要

    家族葬は近年、都市部を中心に増加している葬儀の形式です。


    その名の通り故人の同居家族や近親者のみで行われる葬儀のことで、形式ばった儀式や宗教上のルールに縛られず、身近な者同士で故人とのお別れをすることができることが、現代人の価値観にマッチしたのではないでしょうか。

    毎日新聞に関する有益な情報をご紹介いたします。

    少人数で行うため自宅でできること、香典などをやりとりする煩わしさが無く、社交辞令的な参列者を招かずに済むことなどのメリットがあり、費用も抑えることができます。


    家族葬では余分な儀式を省略できるため、ある程度自由に行うことができますが、基本的には一般的な葬儀と同じく、お通夜、葬儀、出棺、火葬という流れで行います。
    明確なルールが決まっているわけではないので、僧侶を呼ばないケースや通夜を省略するケースなどもありますが、檀家の場合は通夜を省略した一日葬だと納骨を拒否されてしまうこともあるため、事前にお寺ともよく相談しましょう。
    これは、通夜には死者に邪霊が入り込むのを防ぎ、故人の供養とお清めをするという意味合いがあるため、この儀式を重んじるお寺が多いのです。



    こだわらないお寺の場合や、檀家でない場合は、お通夜も告別式も無し、僧侶も呼ばず、戒名も遺影も無しということもできます。

    家族葬に必要な費用は、どのような儀式を行うか、また行わないのかで決まります。
    現在は家族葬のプランをあらかじめ用意している葬儀社も多く、価格設定もさまざまですので、複数の葬儀社に見積もりを依頼して比較検討するとよいでしょう。