• 家族葬の基礎知識と香典

    近頃の葬儀で多いのが家族葬です。



    少子高齢化や核家族化した社会で、葬儀の形やマナーがかわり、遺族に対して失礼にならないような配慮が大切です。


    一般的な葬儀の形の場合は弔電や香典を出すのが常識ですが、家族葬の場合は原則なしと考えます。

    エキサイトニュースのいろいろな情報を集めました。

    弔電も送る必要はありません。
    家族葬は一般参列者の弔問、香典、供花、供え物を断ることが普通です。


    弔電を送る場合は、遺族にはそれほどの負担とならないため、送ってもいいという考え方もあります。



    遠い親族の場合は心を込めた弔電は、遺族にはありがたいものです。

    しかし、香典の場合は、香典返しのお礼を考慮しなければなりません。


    親しい親族では香典として送るのではなく、後日に故人を偲ぶ花を贈るような心づかいをすると、遺族に喜ばれます。


    家族葬の通夜は一般葬と違い、家族だけで行います。
    一般葬では通夜では近親者のほかに一般の弔問者が集まり、次の日の告別式についての連絡をします。

    家族葬では通夜も告別式も家族だけで行うことになります。

    供花も供え物も返礼品を用意することになり、送らないようにします。
    親しい友人や知人に不幸があり、すぐにかけつけるのは、配慮が足らないと考えるのが現代の葬儀の形になっています。
    葬儀の形を知り、常識を持って故人や遺族の気持ちを尊重し、行動することがマナーです。

    香典をいただいているから、香典を持って行くという考え方は配慮が足りないことになり、マナー違反になる場合もあります。