• 心のこもった家族葬が広がりつつあります

    昨今は葬儀の形態も変わってきて、家族葬を取り入れる家庭が目立ってきました。



    故人が生前に家族葬を希望している人の場合は、体面や付き合いでなく、純粋に自分のことを考えてくれている家族だけで送ってほしい思いが、とりわけ強いようです。


    形式的な葬儀を敬遠してのものでもありますし、また、家族が煩雑な営みに振り回されることのないように配慮してのものなのです。故人をしのんで心を込めて営む葬儀が家族葬の一番の良さなのです。
    たとえば、本来は、通夜というのは、遺族と親族だけで執り行い、一般弔問客は次の日の告別式で最後のお別れをするのが趣旨でした。


    しかし、現代では、職場での関係もあって義理で参列する人も増えてきたのです。

    @niftyニュースの情報を掲載しています。

    その場合、仕事を休んで告別式に参列するのが困難だというので、通夜に出ることが一般化していったのです。



    通夜の場合、会社帰りの参列なので、夕食もとらずにこられたのはお気の毒だということで、飲食を振る舞う慣習ができてしまったのです。
    そもそも、葬儀の場での殺生は好ましくありませんので、通夜の料理は、肉や魚を避けて、野菜の煮物や揚げ物などがメインのはずなのですが、少しでも喜んでいただけるようにと、寿司やオードブルなどが供されるようになったのです。

    一般の式では、こういった形骸化が進んで、今ではすっかり定着した感があります。

    家族葬は形式を排し、純粋に故人を送っていこうとの趣旨がなされるものですので、経済的負担が少ないのはもちろん、当日の参列者の人数把握などの心配もほとんどありません。真に心のこもった葬儀となります。